過払い金返還請求とは何か?

過払い金と言うのは消費者金融などの金融業者に払い過ぎた利息のことで、本来は支払う必要のないお金です。その為多く払い過ぎたと言う意味で過払いしたお金=過払い金と呼ばれています。

 

 

どの金利の部分が過払いになるのかなぁ・・・


過払い金の対象となる金利幅に関しては、

 

 

利息制限法の20%は超えているが出資法では違法とならない29.2%までの利息が対象


となり、現在では法改正されたため違法となっているグレーゾーンと呼ばれる金利帯が過払い金請求の対象となる金利帯となります。この金利帯に当てはまるのは貸金業法の法改正が行われた平成18年改正前が対象となり、

 

 

貸金業法改正前の利用でないと過払い金が発生している可能性はないということかぁ・・・


法改正されたのちに支払った利息に関してはグレーゾーン金利にならないため対象とはなりません。

過払い金返還請求の手順とは?

過払い金を請求するための手順としては、まずお金を借りていた消費者金融から当時の取引履歴を送ってもらうことが必要となります。これは個人でも可能ですが、弁護士などを通して過払い金請求を行うほうが確実で早く請求が行えます。

 

 

個人で手続すべきだろうか・・・


基本的には取引履歴の確認後、利息の引き直し計算を行い、内容証明を貸金業者へ送ることで返還請求が開始されます。あとは業者との交渉を経て過払い金が返還されれば過払い金請求は終了となります。

 

 

減額が少な過ぎるなら手続きを止めるか減額が多いなら専門家に依頼すべきです!


過払い金請求を行う際のデメリットとしては、すでに完済している場合には特に問題はありませんが、まだ返済途中の場合は過払い金請求は債務整理として扱われるため、その情報が信用情報機関に記載されブラックリスト扱いになります。

 

それと一旦過払い金請求を行ってしまうとその貸金業者の利用は今後一切できなくなると考えたほうが良いですので、継続して使用したい場合はそれも出来なくなります。