カードローン審査に何故落ちる?信用情報機関の履歴とは?

「過去に滞納していたせいで、滞納したところとは違う会社のクレジットカードやカードローンの審査に落ちた」という話をよく聞きますよね。貸金業者等の金融会社は信用情報機関を利用することで、過去の滞納、破産等の情報を共有しているからなのです。

 

まず信用情報とは何でしょうか。信用情報とは、

 

 

クレジットカードや借り入れ等の契約内容や返済状況、利用残高などの情報です。


その信用情報を収集している信用情報機関には

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)
  • KSC(全国銀行個人信用センター)

の3つの信用情報機関があります。それぞれの機関によって領域も異なり、JICCは消費者金融系、CICはクレジットカード系や信販系、KSCは銀行系等が情報領域だといわれています。

信用情報機関の役割と情報の共有

しかし、各金融会社が一つの信用機関にのみ登録しているわけではなく、複数の機関に登録していることも少なくありません。また、相互に情報を交流しており、過去の支払いや滞納情報だけではなく、現在の総借入残高も知ることができるようです。

 

そのことが、別の会社での滞納や借入金残高が多すぎる等の事実により、クレジットカードやローンの審査に落ちるということにつながります。滞納等の情報は5年間も登録されているので、注意が必要ですね。

 

 

自分の信用情報を知りたいというときは「情報開示」という手続きがあります。


手数料はかかりますが、理由がわからないのにクレジットカードやローンの審査に通らないという人には有用です。時に完済しているのに完済の登録がされていることもあります。間違っている情報は訂正、削除してもらうことができます。