金利の安い銀行のカードローンで借り換えしました

10年間ほど消費者金融大手A社のカードローンを利用してきました。Aカードローンを使い始めた頃は仕事が上手くいかなくてキャッシングせずには生活してゆくことができませんでした。苦しい生活は5年間ほど続きましたが、

 

 

カードローンは持っていても邪魔にはならないからなぁ・・・


段々と仕事が軌道に乗りカードローンの世話にならなくてもやっていけるようになりました。しかしまったく不必要ではありません。

グレーゾーン金利で借りていた苦しみ

時々使うことがあります。人間というものは勝手なもので、生活に余裕が出てくるとカードローンについても色々と考えるようになります。一番に思うの金利のことです。苦しい時は金利のことなど全く頭になく、お金を借りることができた有り難さで一杯でした。

 

 

借り始めた頃は25%でしたが数年前からは金利が20%に下がりました。


しかし低金利時代なのにこんな高い金利を何故払う必要があるのかとの気持ちが増してきました。暇があるとインターネットで低い金利がないかと捜していました。だんだんとローンカードの知識が豊富になってきました。

経験が知識にそして借り換えへ

ローンカードが消費者金融系、信販系そして銀行系に大別されることも知りました。金利は銀行系が低いことが分かりました。銀行によりバラバラですが5%程度の差があります。銀行のローンカードは敷居が高いように思っていましたが、

 

 

何となくカードローンの事もわかってきたぞぉ・・・


最近はそうでもないようです。申し込みから発行までインターネットで全てできる時代になっています。カードローンのおおよその仕組みが分かったので取引銀行のM銀行のカードローンに申し込みしました。

 

M銀行で借りてA社のカードローンを借り換え返済することにしました。銀行のカードローンの枠は200万円としました。5日後にカードが届いたので早速150万円借りてA社のカードローンに返済し、その後すぐに解約手続きをしました。

 

今は金利が9.6%のM銀行のカードローンを大切に利用しています。これからもずっとお世話になろうと思っています。