金利は完済するまでの期間で考える

カードローンを利用した場合、基本的に利息を支払うことになります。この利息の計算方法を知っていると結構役に立つことが多いので、もし利用するなら知っておくといいかもしれません。

 

 

月々の支払いが少ないから楽だなぁ・・・


基本的に計算する方法としては、借りた金額に対して金利を掛け算することで導き出すことができます。但し、これではお金が減った時にどれくらいの利息になるのかを考えることが出来ないため、

 

 

月々の返済が小さいと完済できる迄の期間が長いから結局負担が増えていえることになるよ!


月々の残高をその金利で掛け算し、日数計算で利息を導き出すのが一般的な方法です。

カードローンの金利と返済期間

例として10万円を借りた時の話をします。この時の金利が14.6%だったとした場合、返済金額が1万円だったら7,965円の利息が返済までに発生します。月々の利息というのは支払いをしっかりしていればそれなりに減っていくと考えてください。

 

ちなみに2万円だと4,468円に、3万円だと,3404円まで減少します。基本的に利息というのは返済金額を増やすことによってどんどん減らしていくことができるので、返済する金額は多めに設定しておいた方がいいでしょう。

 

また金利によっても結構違っており、10万円を借りても14.6%なら上記の値段ですが、

 

 

15%になると1万円返済で8,201円まで利息が上昇してしまいます。


日割計算のメリット

基本的に借りた金額に金利を掛けて、365日という日数で割ったものが1日の利息として計算されることになりますが、返済金額が多いと残っている残高が減って、金利を掛ける金額が少なくなっています。

 

これが返済を容易にできる理由となり、利息の発生を抑えられる一番の要因となります。勿論低金利の会社で借りれば元々の支払い額が減ってくれるので相当楽になるでしょう。計算方法をちょっと知っていればどれくらいかなと考えられると思うので、

 

 

知識として知っているといいことがあります!


利息の計算を知らない方は返済シミュレーションを利用して、どれくらいなのかを把握しておくといいです。色々な考え方によってカードローンの利息は増えたり減ったりすることは理解して欲しいです。