過払い金の返還請求はどうすればいい?

過払い金とは簡単に言うと本来支払う必要がないにもかかわらず貸金業者に支払ったお金のことです。貸金業法では貸付金に対する利息の利率の上限を定めていますが、この上限金利は2種類あります。

 

一つ目は利息制限法による上限でこちらは超過しても刑事罰はなく、利率は元本の金額によって変わってきます。具体的には

 

 

  • 元本10万円未満で年20%
  • 元本10万円以上100万円未満で年18%
  • 元本100万円以上で年15%

です。二つ目が出資法でこちらは超過すると刑事罰があります。この出資法の上限利率が平成22年の法改正以前は29.2%でした。この利息制限法の上限と出資法の上限の間の利率はグレーゾーンで一定の要件を満たすと有効とされていました。

 

 

過払い分はどのくらいあるんだろう・・・


そのため多くの貸金業者は少しでも多くの利息で利益を得るためにこのグレーゾーン内の利率に設定しているところが多かったのです。しかし法改正により出資法の上限が20%に引き下げられ、このグレーゾーンの利率で支払っていた利息部分が過払い金となりました。

過払い金請求の手順は?

過払い金請求は自分で行うことも可能ですが手間と時間がかかります。手順はまず、

 

 

  1. 貸金業者から取引履歴の取得
  2. 過払い金額の計算
  3. 貸金業者へ過払い金の請求

となります。この時点で和解が成立し支払いがなされれば終了ですが、和解が成立しない場合は裁判所に返還請求訴訟をすることになります。勿論、この一連の手続きを弁護士などに依頼することはできますが、

 

 

訴訟するまでもないなら自分だけでも手続きできそうだなぁ・・・


その際は着手金、基本報酬、成功報酬などの弁護士費用が掛かってきます。