自己破産について

自己破産とは、債務整理を行う際に選択できる方法を一つで、任意整理や民事再生という選択肢よりもリスクがあり失う物も多く、決断の際には覚悟も必要とする法律上守られている借金返済方法の一つです。

 

民事再生や任意整理の際、家や高い物の財産を保有しながらも借金を減額して違法な利息等をなくして返済を行う事に対して、

 

 

自己破産はある程度の財産を残せるケースもありますが、大半の財産は失います。


代わりに借金はチャラ、支払い義務が免除される方法で、これを執行する事により、給料を差し押さえるといった強制的に返済執行を行われる事もなくなります。よく一般の自営業等が一からスタートしたい、やり直したい時に自己破産を選択する傾向にあります。

自己破産のデメリット

しかし、支払いが免除される代わりに今後10年間程は信用情報機関や金融機関でブラックリストに登録されて、お金の借入を行う事が出来なくなります。信用情報機関にも登録されているのでクレジットカードの申請等、

 

 

自己破産には「借入しない、借入できない」という覚悟が必要です。


様々なお金に関係する事に対して非常に不利な状況に陥る事があります。また、免責決定が行われるまで警備員等の特殊な職業の仕事に就く事が出来なくなる傾向になります。

 

 

国が発行している官報という情報誌に自己破産者の氏名や住所が掲載されるので世に知れ渡る可能性があります。


そこまでして借金の返済を行う事が出来ない状況にまで陥る事業者は日本では増加傾向にあるので、自己破産はこれからも多くの方が利用する事となるでしょう。